キャッシングの金利

キャッシングを利用するときには、必ず返済するときに金利分を上乗せして返済しなければいけません。
なぜ金利を支払う必要があるのかというと、金利をゼロにしてしまうと、お金を貸す業者が全く儲からなくなってしまうからです。
しかし、金利は自由に設定できるというわけではなく、上限金利というものが設けられているので、上限金利の中で設定しないといけません。
上限金利を超えて設定してしまうと、高利貸しと言って法律に触れてしまうのです。

では、金利はいくらまでなら自由に設定することができるのでしょうか。
上限金利は貸し出す金額によっても多少変わってくるのですが、一般的には10万円未満のお金を借りた場合には、上限金利が20パーセントになるので、20パーセント以内の間で設定しないといけなくなります。
10万円以上、100万円未満のお金を借りた場合には、上限金利が18パーセントとなるので、18パーセント以内で設定しないといけません。
100円以上のお金を借りた場合には、上限金利が15パーセントになります。

大きく分けるとこの3種類に分類されるので、これだけ覚えておくだけでも、自分が利用した業者がきちんと法律を守って営業しているのか、もしくは違法な営業をしているのかが分かるようになるのです。
しかも大半の業者では、上限金利ギリギリに設定していることが多いので、いろいろと比較をして、少しでも金利の安い業者でお金を借りたいという人が多くなっています。
当サイトではキャッシングについて、一般の人が知らないような情報を提供させていただきます。



~Special Link~
ATMの手数料が無料のキャッシングです … キャッシング 手数料

Copyright © 2014 キャッシングの金利ってどのくらい? All Rights Reserved.